ニュース

NEWS

NEWS

ニュース

2019/11/20

今日のファクトリー

エリーゼフェーズ2 ご成約のお車です。

タイヤが摩耗していたためリアタイヤを交換作業です。

この度は、新しいタイヤにサービスで換えて万全な状態で納車致します。

快適なドライブライフを~末永くアフターフォローして参ります。

 

2019/11/13

今日のファクトリー

愛知県からお越しのポルシェマカン リアブレーキパッドの交換です。

このお車は、電動パーキングブレーキなので純正テスターがないとパット交換は、厳しい作業になります。

当社は、純正テスターでリアパッド交換モードにして行います。

お車の事なんでもご相談ください。純正テスター各種取り揃えております。

2019/11/08

今日のファクトリー

今日は、ポルシェ911カレラのモデル996の1年点検でご入庫です。

ワイパーとエアクリーナーを交換させていただきました。

福井県からのご来店ありがとうございました。

20年ほど前のお車ですが定期的に点検させていただくことでお車のコンディションをキープできます。

 

2019/10/23

今日のファクトリー

今日のファクトリー2台目は以前販売させていただいたマセラティクアトロポルテのスポーツGTSパワーウインドレギュレータ交換です。

三重県からご来店していただきました。

輸入車全般に言えることですがレギュレーターは消耗品です!!

窓が落ちてしまったので交換いたします。

待っていただいている間に試乗車のロータスエリーゼを乗っていただき楽しんでいただいていました。

 

  

 

2019/10/12

修理屋から見た車の故障やトラブルについて。。。②

続きです

前回、車のお国柄の話をしましたがhttps://motorize.jp/news/%e2%97%8b%e2%97%8b%e8%bb%8a

メンテナンスのスパンと経年劣化していくスパンもお国柄が出ます。

当社では今までの経験でドイツ車とイタリア車と英車ではドイツ車が5年5万キロ毎、イタリア車とイギリス車では3年3万キロ毎をメンテナンスの一つの目安としています。

ここをポイントとして押さえてあとは個体差やユーザーの乗り方で変わるところを細かくケアしていきます。

何より大切なのが安全性とドライブフィールです。

メンテナンス不足の車は特に繊細なヨーロッパ車はすぐにわかります。

それぐらい違います。

オイルをはじめとする油脂類全般、ブレーキ廻り、足廻りのブッシュとボールジョイント、各種フィルター類

エアコンのガス関連、クラッチなどの消耗品関連、そしてコンピュータ診断によるダイアグチェックなどです。

これらをしっかり押さえることで故障とトラブルのリスクは格段に抑えることができます。

 

同じ故障やトラブルでもメンテナンス不足からくるものを根絶したいと思っています。

安全で安心して乗れる車輛をお客様により楽しんで乗っていただきたく思います。

ページの上部へ戻る