ニュース

NEWS

NEWS

ニュース

2019/10/12

修理屋から見た車の故障やトラブルについて。。。①

今日は整備士目線から見た故障とトラブルについて書きたいと思います。

車輛を販売していてよく聞かれるのですが

「コレ壊れます?」です。笑

僕は必ず

「壊れます。」

と答えます。

故障やトラブルには必ず原因があります。

その中には

※メンテナンスの不良

※経年劣化による老朽化

※本気の故障(機械的、電気的に車の部品そのものが壊れてしまうこと)

がありますが、この中で未然に防ぐことができるのはメンテナンスの不良です。

修理や車検でご入庫いただいたお客様と中古車を購入されるお客様には必ずこの3点の内容をわけて説明させていただいています。

※オイル交換がされてなくてエンジンが焼き付いた

※バッテリーを換えていなくてエンジンがかからない

※ベルトを換えていなくてベルトが切れて走行できない

などなど、いろいろありますがこの例はすべてメンテナンスの不良によるものです。

整備士目線からみるとメンテナンスの不良によるトラブルについてはお店の責任だと思います。

しかしながらこのような車両もちょくちょくあります。

輸入車慣れしているユーザー様は特に記録簿と過去のメンテナンス履歴を気にされます。

いつ、どこで、どのようなメンテナンスをしてきたのか?

当社が車両購入や修理のご依頼のお客様に対して一番何ができるのだろうと考えたときに、メンテナンスの不良による故障とトラブルを未然に防いであげることだと思いました。

特に販売車輛の点検には気を使います。必ず法令12か月点検を施工して、交換が必要とみなした部品は交換いたします。

修理のご依頼で他社で購入のお客様や、個人売買で購入されたお客様などとりあえず買ったけど・・・

心配だから見てほしいの方には特にしっかり説明してご理解をいただくようにしています。

 

このように故障やトラブルなどいろいろありますが未然に防ぐという意味で予防整備は輸入車には特に必要なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの上部へ戻る