ニュース

NEWS

NEWS

ニュース

2019/10/06

今日のファクトリー

前まではアメブロで書いていました今日のファクトリーをホームページの中で書いていきたいと思います。

一回目の今日はランボルギーニガヤルドのクラッチオーバーホールでス。

イタリア、マレリ社製のミッションシステムにフランス製のクラッチがつきます。

聞こえはいいですがなかなか手ごわいです。

めちゃ壊れます。とゆーかメンテナンスのスパンが短いです。

3年3万キロ毎の交換が望ましいです。

そのたびにウン十万円飛んでいきます。

初期のころはビビりながら見積もっていましたが、なれって怖いですね、、、

今ではぱぱっと見積もり完了です。

リフトアップ後リヤバンパーからばらします、

インナーフェンダー、マフラー、ドライブシャフト、ミッションについている邪魔なパーツはすべて外します。

 

ミッションを降ろしてからクラッチとフライホイールを外します。

左が使用後、右が使用前のクラッチです。

クラッチを交換する際はエンジンオイルとミッションオイルも同時に変えていきます。

そして、専用テスターでEギヤの項目をすべてリセット&調整です。

試運転をすると交換前とは別物の乗り味になりました。

ランボルギーニらしい荒々しい猛牛的な感じになりました。

ページの上部へ戻る