マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない

マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない


マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない


マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない


マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない


マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない


マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない


マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない


マセラティ クアトロポルテ|リバースに入らない

マセラティ クアトロポルテ


修理・点検内容

リバースに入らない


モータライズのコメント

今回はマセラティクアトロポルテのギア変速不良です。

"カンビオコルサ"と呼ばれるフェラーリのF1マチックと同じ機構のセミオートマチックのトランスミッションです。

原因を調べているとクラッチの切れ不良による物だと診断されました。

さっそくバラしていきます。

内部を点検するとクラッチカバーが割れて変形していました。

これによりしっかりクラッチが切りきれないため変速不良となりました。

どうもどこかのショップで交換されたばかりのようでしたがこのようなトラブルに見舞われてしまったようです。

交換された後のコンピューターのセッティングが必要なのですがこれが行われていませんでした。

フェラーリ、マセラティはクラッチ交換作業後"必ず"専用テスターにてセッティングを行わないといけません。

それを怠った車両はいくらクラッチだけを新品に交換しても走行はできますが本調子ではありません。

もちろん正規ディーラーでは行われていますが・・・一般の修理工場やショップではどうでしょうか?


今回はクラッチの点検交換修理と"テスターにて最終セッティング"で修理完了いたしました。

終了後はスムーズに変速し、もちろんリバースにも入るようになりました。


お問合せ お問い合わせはコチラ