ポルシェ996|エンジン不調

ポルシェ996|エンジン不調 ポルシェ996|エンジン不調


ポルシェ996|エンジン不調


ポルシェ996|エンジン不調

ポルシェ996


修理・点検内容

エンジン不調


モータライズのコメント

エンジン不調にてご入庫いただきました、ポルシェ 996です。

アイドリングで振動が大きく、テスターにて診断した結果4番のミスファイアでした。


コイルの不良により今回は1つだけ交換します。


カバーを外しマフラーの間からアクセスして交換していきます。


新旧のパーツです。

交換後はエラーを消去し完了です。

お問合せ お問い合わせはコチラ

ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調

ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調 ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調


ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調 ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調


ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調 ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調


ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調 ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調


ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調 ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調


ポルシェ 911ターボ(モデル996)|エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調

ポルシェ 911ターボ(モデル996)


修理・点検内容

エンジンチェックランプ点灯、エンジン不調


モータライズのコメント

テスターにてエラーコード診断。

片バンクにミスファイヤエラーが入力されていました。

コイルとプラグを交換します。

よく今回のようにミスファイヤの入力を見ると、すぐにコイルとプラグを変えてしまいがちですが、たまにエンジンン本体の不良の場合もあるので正確な診断が必要です。

お問合せ お問い合わせはコチラ

ポルシェ ケイマン|水漏れ

ポルシェ ケイマン|水漏れ ポルシェ ケイマン|水漏れ


ポルシェ ケイマン|水漏れ ポルシェ ケイマン|水漏れ


ポルシェ ケイマン|水漏れ ポルシェ ケイマン|水漏れ


ポルシェ ケイマン|水漏れ

ポルシェ ケイマン


修理・点検内容

水漏れ


モータライズのコメント

ウォーターポンプからの急な激しい水漏れです。

クーラント補充の際はSST(専用特殊工具)が必要になります。

お問合せ お問い合わせはコチラ

ポルシェ911(996) カレラ4S|ATオイル漏れ修理

ポルシェ911(996)カレラ4S|ATオイル漏れ修理 ポルシェ911(996)カレラ4S|ATオイル漏れ修理


ポルシェ911(996)カレラ4S|ATオイル漏れ修理 ポルシェ911(996)カレラ4S|ATオイル漏れ修理


ポルシェ911(996)カレラ4S|ATオイル漏れ修理 ポルシェ911(996)カレラ4S|ATオイル漏れ修理


ポルシェ911(996)カレラ4S|ATオイル漏れ修理 ポルシェ911(996)カレラ4S|ATオイル漏れ修理


ポルシェ911(996)カレラ4S|ATオイル漏れ修理


ポルシェ911(996)カレラ4S|ATオイル漏れ修理

ポルシェ911(996) カレラ4S


修理・点検内容

ATオイル漏れ修理


モータライズのコメント

今回はATのオイル漏れです。

ディーラーだと多分載せ変えになると思います。

結構バラバラにしますけど、オイル漏れは治りました。

最初はシール剤がべったり塗りこんでありました。

これはひどかったですね。

オイル量が足りなくなって本体が壊れてしまう前に治せてよかったですね。

お問合せ お問い合わせはコチラ

ポルシェ911(モデル997)|エンジンチェックランプ点燈・エンジン不調

ポルシェ911(モデル997)|エンジンチェックランプ点燈・エンジン不調 ポルシェ911(モデル997)|エンジンチェックランプ点燈・エンジン不調


ポルシェ911(モデル997)|エンジンチェックランプ点燈・エンジン不調 ポルシェ911(モデル997)|エンジンチェックランプ点燈・エンジン不調


ポルシェ911(モデル997)|エンジンチェックランプ点燈・エンジン不調 ポルシェ911(モデル997)|エンジンチェックランプ点燈・エンジン不調


ポルシェ911(モデル997)|エンジンチェックランプ点燈・エンジン不調

ポルシェ911(モデル997)


修理・点検内容

エンジンチェックランプ点燈・エンジン不調


モータライズのコメント

今回はとても複雑な内容でした。

水温エラーが入っていたので、てっきりオーバーヒートしてしまったのかと思ったのですが、違いました。

早速PIWISでエラーを拾います。

どうやら片バンクが完全に死んでしまっているようです。

修理マニュアルを調べていくとどうもエンジンのタイミングが完全にずれてしまっていました。

これはとても重症です。

水冷ポルシェのエンジンは空冷に比べ部品点数も増えて大幅に機能が向上しています。

それだけ複雑なエンジンなのです。

今回はエンジンのせ換えです。

水冷の場合空冷と違い費用的にも時間的にもオーバーホールより乗せ替えが妥当です。

水冷でお困りのかたご相談ください。

お問合せ お問い合わせはコチラ

ポルシェ911(996型)|温間時アイドリング不調・エンスト

ポルシェ911(996型)|温間時アイドリング不調・エンスト ポルシェ911(996型)|温間時アイドリング不調・エンスト


ポルシェ911(996型)|温間時アイドリング不調・エンスト ポルシェ911(996型)|温間時アイドリング不調・エンスト


ポルシェ911(996型)|温間時アイドリング不調・エンスト

ポルシェ911(996型)


修理・点検内容

温間時アイドリング不調・エンスト


モータライズのコメント

今回は2・3時間ほど走行するとエンジンが調子悪くなったり、とまってしまうという症状です。

とりあえずエラーコードを読みます。

それでも的確な判断ができないので、パラメーターという車両側の数値を読み取ります。

修理マニュアルと照らし合わせると明らかにおかしなところがありました。

そんな感じでポルシェ以外の車も修理を進めていきます。

今回は簡単な部品交換ですみましたが、ここにたどり着くまでの診断がなかなか大変でした。

修理完了後は走りもかなり良くなりました。

お問合せ お問い合わせはコチラ

ポルシェ911ターボ(モデル996)|PSM・ABSランプ点燈|PIWIS

ポルシェ911ターボ(モデル996)|PSM・ABSランプ点燈 ポルシェ911ターボ(モデル996)|PSM・ABSランプ点燈


ポルシェ911ターボ(モデル996)|PSM・ABSランプ点燈 ポルシェ911ターボ(モデル996)|PSM・ABSランプ点燈


ポルシェ911ターボ(モデル996)

ポルシェ911ターボ(モデル996)


修理・点検内容

PSM・ABSランプ点燈


モータライズのコメント

今回は911(996)の修理です。

一度他の工場で診断と部品交換したのですがうまく治らず今回当店で修理することになりました。

ポルシェの修理には911に限らずカイエン・ボクスター・ケイマン・パナメーラ<など高年式や水冷車種を修理しようと

思うと純正テスターの'PIWIS`が必要です。テスターが必要な車種は911でいいますと、モデル964以降の車種は

すべて必要になります。エンジン本体、ミッション本体などの修理やリペアなどはよく見かけますが、このような

「コンピューターの制御系」というのがなかなか重要だと思います。

それらを的確に判断するためにはテスターは必需品なのです。

今回はエンジンとシャシにエラーが検出されました。

順序で行くとまずエンジンの修理からです。

「PSMとABSの修理なのになぜ?」と思うかもしれませんが、そこが電子制御システムの怖いところで

車のトラブルにはすべてのコンピューターが関連してくるのです。

それをいかに的確に判断するのかがとても重要になってきます。

今回はエンジンに関するセンサーがひとつ故障していました。

交換後はすべての機能が適正に作動して本来のポルシェが持つすばらしいフィーリングが復活しました。


お問合せ お問い合わせはコチラ

ポルシェ911(モデル997)|フロントクラッシュセンサー交換

ポルシェ911(モデル997)|フロントクラッシュセンサー交換  ポルシェ911(モデル997)|フロントクラッシュセンサー交換


ポルシェ911(モデル997)|フロントクラッシュセンサー交換

ポルシェ911(モデル997)

ポルシェ911(モデル997)


修理・点検内容

エアバッグランプ点燈

フロントクラッシュセンサー交換


モータライズのコメント

今回はポルシェ純正テスターのPIWISを使用してのトラブルシュートとなりました。

フロントクラッシュセンサーはバンパーの奥についているのでバンパーを外しての作業となりました。

ここもよく故障する部品の一部ですね。

今回はPIWISが大活躍でした!


お問合せ お問い合わせはコチラ