アルファロメオ GT|ドライブシャフトブーツ交換

アルファロメオ GT|ドライブシャフトブーツ交換 アルファロメオ GT|ドライブシャフトブーツ交換


アルファロメオ GT|ドライブシャフトブーツ交換


アルファロメオ GT|ドライブシャフトブーツ交換

アルファロメオ GT


修理・点検内容

ドライブシャフトブーツ交換


モータライズのコメント

車検にてご入庫いただきました

アルファロメオ GTです。

今回はドライブシャフトブーツが破れておりましたので交換いたします。

シャフトを取り外す為、ナックルを少しずらしサスペンションも切り離します。

中のグリスも固まっており潤滑の機能を果たしていませんでした。

キズ等の確認がてらしっかり洗浄した上で、新しいグリスを注入します。

作業後はスムーズに動くようになりました。

お問合せ お問い合わせはコチラ

アルファロメオ 156GTA|クラッチ交換

アルファロメオ 156GTA|クラッチ交換 アルファロメオ 156GTA|クラッチ交換


アルファロメオ 156GTA|クラッチ交換 アルファロメオ 156GTA|クラッチ交換


アルファロメオ 156GTA|クラッチ交換


アルファロメオ 156GTA|クラッチ交換

アルファロメオ 156GTA


修理・点検内容

クラッチ交換


モータライズのコメント

車検にてご入庫いただきました

アルファロメオ 156 GTAです。

今回は車検と同時にクラッチを交換しました。

レリーズシリンダーも動きが渋い為交換します。

ミッションを取り外す前に、フロントサブフレーム、ドライブシャフト

センターマフラー等も外していきます。

ミッションを取り外し、新旧のクラッチを比較すると、リベットまでもうすぐでした。

交換後は、ペダルの踏み込んだ感じ、発進等かなり良くなりました。

お問合せ お問い合わせはコチラ

アルファロメオ ジュリエッタ|エンジンマウント リザーバタンク交換

アルファロメオ ジュリエッタ|エンジンマウント リザーバタンク交換 アルファロメオ ジュリエッタ|エンジンマウント リザーバタンク交換


アルファロメオ ジュリエッタ|エンジンマウント リザーバタンク交換 アルファロメオ ジュリエッタ|エンジンマウント リザーバタンク交換


アルファロメオ ジュリエッタ|エンジンマウント リザーバタンク交換


アルファロメオ ジュリエッタ|エンジンマウント リザーバタンク交換

アルファロメオ ジュリエッタ


修理・点検内容

エンジンマウント リザーバタンク交換


モータライズのコメント

車検にてご入庫いただきました

アルファロメオ ジュリエッタです。


点検をしていくとクーラントリザーバタンクの上部に亀裂があり

漏れ跡もありました。

オイル封入式エンジンマウントからもオイル漏れがあり交換作業をします。


エンジンを支えてマウントを取り外して行きます。

裏側を見てみるとゴムが破れており、マウントもガタガタでした。


消耗品のエアコンフィルターも交換します。

フィルターにカビがビッシリ付いていました。

お問合せ お問い合わせはコチラ

アルファロメオ147 GTA|タイミングベルト交換

アルファロメオ147 GTA|タイミングベルト交換 アルファロメオ147 GTA|タイミングベルト交換


アルファロメオ147 GTA|タイミングベルト交換 アルファロメオ147 GTA|タイミングベルト交換


アルファロメオ147 GTA|タイミングベルト交換 アルファロメオ147 GTA|タイミングベルト交換


アルファロメオ147 GTA|タイミングベルト交換

アルファロメオ147 GTA


修理・点検内容

タイミングベルト交換


モータライズのコメント

ご成約頂きましたアルファロメオ 147GTAの納車整備とタイミングベルトの交換をしていきます。

同時にウォーターポンプ、サーモスタット、リザーバータンク等細かい所も劣化や交換時期の為交換をしていきます。


ベルトカバーとサージタンクを取り外します。

バルブタイミングを基準値へ戻す為、左右ヘッドカバーを取り外し専用ツールを使用し調整していきます。


外したウォーターポンプです。新品と比較するとプロペラ部がプラスッチクから金属製に変更されていました。

よく見るとプロペラ部に数箇所クラックが入っていました。


サーモスタットの新旧比較です。開閉不良でオーバーヒート、オーバークール作動の遅延を防ぐため交換します。


こちらは冷却水のタンクです。本来は上のようにクリアなのですが、経年劣化と内部汚れにより変色しています。通所このタンクには圧力が加わるため、破損防止も兼ねて交換します。


交換後はレスポンス良くエンジンが回転するようになりました。

また、細かい所も交換してある為安心して気持ちよく乗っていただけるようになりました。

お問合せ お問い合わせはコチラ

アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換

アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換 アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換


アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換 アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換


アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換 アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換


アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換 アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換


アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換 アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換



アルファロメオ GTV|3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換

アルファロメオ GTV


修理・点検内容

3200cc V6 32V タイミングベルト廻り一式交換


モータライズのコメント

今回の整備はアルファロメオの鬼門とも言われているタイミングベルトの交換です。

写真は雑ですが詳しく記載したいと思います。

なかなかめんどくさいV6です。

手を抜いてしまえば交換方法はいくらでもあります。

そもそも、なぜタイミングベルトを交換するのか?というところから始まりますが、アルファのタイミングベルトは距離を走ると必ず'伸び'ます。

ベルトが伸びるとエンジンのタイミングが'ズレ'ます!

すると、エンジンのパワーが落ちて、フィーリングも悪くなり、燃費も悪くなり、なによりアルファの持つ官能的なエンジンサウンドが損なわれます。

イタシャはエンジンタイミングにすごくうるさいです。

そしてここからが重要です。

ベルトを交換する際にただ部品を交換するだけのやり方ではなく、エンジンのタイミングを合わせなおして組み付けしていくことが重要です。

そのためには特殊工具が必要になります。

もちろん、知識や技術もひつようですが・・・

交換後は最高のアルファV6サウンドを奏でてくれるエンジンになりました。

お問合せ お問い合わせはコチラ

アルファロメオ アルファ147|エンスト、変速不良

アルファロメオ アルファ147|エンスト、変速不良 アルファロメオ アルファ147|エンスト、変速不良


アルファロメオ アルファ147|エンスト、変速不良 アルファロメオ アルファ147|エンスト、変速不良


アルファロメオ アルファ147|エンスト、変速不良 アルファロメオ アルファ147|エンスト、変速不良


アルファロメオ アルファ147|エンスト、変速不良


アルファロメオ アルファ147|エンスト、変速不良

アルファロメオ アルファ147


修理・点検内容

エンスト、変速不良


モータライズのコメント

アルファロメオにはお決まりの修理というか整備です。

クラッチ交換ですね。

イタ車には、定期的に訪れる高額メンテナンスメニューです。

交換後は、発進時、変速時などシフトが切り替わるタイミングでのフィーリングが当然ですが格段に変わります。

もちろんこの車輌も良い感じになりました。

お問合せ お問い合わせはコチラ

アルファロメオ147|エンジン不調

アルファロメオ147|エンジン不調 アルファロメオ147|エンジン不調


アルファロメオ147|エンジン不調 アルファロメオ147|エンジン不調


アルファロメオ147|エンジン不調 アルファロメオ147|エンジン不調


アルファロメオ147|エンジン不調

アルファロメオ147


修理・点検内容

エンジン不調


モータライズのコメント

低回転時にエンジンがブルブルと震えてチェックランプが点灯します。

テスターにて、診断していくと3番シリンダーにエラーがあるようです。

但し、高回転までまわすと調子よくふけました。

症状から見ると点火系ではなさそうです。

燃料もよさ気なのでコンプレッションを測定します。

3番だけ圧縮が少なくなっています!!

これは、エンジンのオーバーホールか、載せ変えになりますが、今回は程度の良い中古エンジンが手に入ったので載せかえることになりました。

お問合せ お問い合わせはコチラ

アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ

アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ


アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ


アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ


アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ


アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ


アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ


アルファロメオ147 GTA|セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ

アルファロメオ147 GTA


修理・点検内容

セレスピード変速不良、トランスミッションオイル漏れ


モータライズのコメント

今回はかなりの重症でした。最初はセレユニットの変速不良のみだったので、テスターにてエラーコード診断

ポンプが不良だったのでポンプを交換。


その後ミッションとエンジンの隙間からオイル漏れ。

内部からの漏れなのでミッションをおろしてみるとなんとハウジングが割れていました!!

これだけだも十分ありえませんが、ケースを交換するためにバラしているとデフのピニオンが砕け散っていました。

これにもだいぶびっくりしました!!

(基本的にはケースが割れている時点で原則ミッションASSYの交換となります。今回の修理はかなり特殊な例です。)


といっても仕方がないのでデフASSYとベアリング、そしてついでなのでクラッチ周りを交換して最後にケースを組み付けミッションを載せました。

ここまでの作業をすると、最後はセレユニットの更正をしなければいけません。

アルファロメオ純正テスター「エグザミナー」にて最終セッティングを します。

これによりスムーズな変速、発進が実現されます。セレシステムを整備するときには必ず必要な行程です。


修理完了となりました。


次から次とイレギュラーが多く少し苦戦しましたが無事に動いてくれてよかったですね。

お問合せ お問い合わせはコチラ